本文へスキップ

国際ロータリー第2830地区 The Rotary Club of Hirosaki Apple

会長挨拶CONCEPT


2019〜2020年度 会長 宇野 純子

2019-2020年度 会長

会長方針

 弘前アップルロータリークラブは、今年度8年目を迎えます。
 つながりを大事にする当クラブは、陸前高田RCと友好クラブを締結し活動範囲が広がり互いに成長出来る機会を頂きました。また、社会貢献・地域貢献にもみんなが力を合わせて事業に取り組んできました。
 国際ロータリー2019−2020会長のマ−ク・ダニエル・マロ−ニ−氏が発表した、今年度のテーマ「ロ−タリ−は世界をつなぐ」、「ロ−タリ−は、家族との時間を犠牲にするのではなく、家族との時間を補うような経験を提供する場所である必要がある。ロ−タリ−リ−ダ−との仕事の共存。」という言葉は私の思いと同じでした。弘前アップルロータリークラブは、ロ−タリ−と仕事の共存をすることで次のリーダーを引き受けられるようにし、出席率向上を目指し退会防止にも力を入れて行きます。
 今年度地区スローガンは「共に変化し行動しよう」です。当クラブも変化の年と考えており、会員一丸となって活動していきます。

@ 既存会員を維持しつつ、さらに入会促進することで、クラブ会員の増加を図る
A ロ−タリ−財団寄付 1人当たり 年次基金150ドル、ポリオプラス30ドル
B 米山記念奨学金寄付 1人当たり 特別寄付1万円以上、普通寄付3千円
C 青少年交換事業への取り組み
Dポリオ撲滅活動においてロ−タリ−とロ−タリアンが果たしている役割を広く伝える広報活動に積極的に取り組む
 


バナースペース

弘前アップルロータリークラブ

〒036-8086
青森県弘前市田園1-12-1
アイエーネットワーク(株)内

TEL 0172-27-1333
FAX 0172-27-1245